お金借りる方法をご紹介!即日・銀行ローン・無職の方向け何でもあり!

お金借りる方法ってどんなものがある?

お金を借りる時は突然くる!
お金を借りることって意外とないと思いますが、急にお金が必要になることがあるかもしれません。そんな時のために、そもそもどんな方法で借入が可能なのかをキチンと勉強しておきましょう。

お金を借りる方法は大体下記に分けられます。

  1. 銀行からの通常の融資
  2. 事業性ローン
  3. 目的別ローン
  4. カードローン(キャッシング)
  5. クレジットカード付帯のキャッシィング

です。では、この5つは何が違うのでしょうか?
まず、

1〜2に関しては、そもそも会社を起こしているかたがたなどにしか関係がないので、
一旦省かせて頂きます。

その上で、3番の目的別ローンからまず説明させて頂きます。
目的別ローンは例えば、ブライダルローンや、カーローン、住宅ローン、学資ローン
などが当てはまります。こういったローンに関しては、
完全に金額や使い道が限定(必要なものの見積もり書などが必要)されるものの、
高額の融資を低金利で借りることが出来ます。
そのため、4や5で借りる方もブライダルやカー目的なら、
そもそも目的別ローンで借入をしたほうが、金利が安く終わる可能性が有ります。

その上で、次に4.5のカードローンやキャッシングについてですが、
上記のものに関しては借入の目的が全く制限されません。
極論、ギャンブルにつかってしまっても契約的には問題ございません。

また、カードローン(キャッシング)となっていますが、
この2つはお金を借りるという点が一緒なだけでなく、
実は元々は同じサービスだったのです。
ただし、キャッシングという響きが想像以上にイメージが悪くなってしまったのと、
クレジットカードのキャッシングと混同されるなどの理由で、
カードローンという名称にするところが多くなっております。

最近は銀行がカードローンという商品をだし、
CMを打っているため、カードローンの方が安心できるようなイメージになっていますが、
内容は実は全く変わらないことを覚えておいてください。

さて、お金の借り方について、ある程度理解できましたか?
ここからは即日可能なのかなど、詳しい話を深堀たいと思っていますので、
お付き合いくださいませ。
※基本的にはカードローンをメインとして扱います。

※当サイトはあくまで個人の知見に基づき、
お金の借入を説明しているので、あくまで最後は各会社様の公式ホームページを
確認してくださいね。

即日でお金借りることも可能なの?

実は最近のカードローンやキャッシングでは即日中にお金を借りることも可能です。
※土曜や日曜は会社を選びますが、、、
最近はほとんどの会社は即日融資が可能です。
ただし、即日融資でお金を借りるまでは下記のステップを踏む必要が有ります。

  1. 申込を行う
  2. 必要書類を送る(免許証や、金額によっては収入証明書など)
  3. 電話での仮審査が行われる
  4. 企業によっては職場への在籍確認が行われる。(企業名は出されません。)
  5. 最終的な審査が行われる。
  6. 振込

となっているため、出来る限り午前中には申込を行った方が無難です。
※ただし、最近ではテレビ審査など色々な手法を使って即日でお金を借りることが可能ですので急ぎの時は頼ってみても良いかもしれません。

銀行?消費者金融?お金を借りるならどっち?

さて、お金は即日で借りれることは分かったと思いますが、
次に、銀行カードローンと消費者金融のカードローンで迷う方が多いと思います。

これも結論から申し上げると、何も変わりません。

ただし、多少の特徴は有ります。

①銀行カードローン

お金を借りるとなると、まず始めに思いつくのが銀行でしょう。
金利が安め。ただし、借入までのスピード対応が遅い場合や、
審査が厳しい場合、審査が下りても金額が少なくなってしまうことが多く、
金額が少ない場合は金利が高めの率で設定されるため、
消費者金融のカードローンと全く変わらない。
唯一違いがあるとするならば、総量規制の対象からは銀行の場合は
外れているため収入がないひとにも貸し付けることが可能です。
※ただし、実際はあまり貸さないので変わりはない。

②消費者金融のカードローン

お金を借りる場合のもう一つの選択肢は
消費者金融のカードローンがあるでしょう。
消費者金融はお金を借りることにおいて銀行と出来ること自体は変化有りません。

ただし、営業努力が違うケースが多いです。
やはり、これまで何年も貸金業を営んでるだけあり、

  1. スマートフォンからの即申し込み
  2. 土日の審査の営業
  3. 大抵が当日14時〜15時程度まで即日融資を受けつけている

など、サービスが素晴らしく、何の問題もありません。
ただし、一ついえることが有るとすると、
金利が多少高めなので、500万円など高額の借入を行う場合は、
銀行の方が良いといえます。
ただし、50万円〜100万円程度であれば、ほぼ金利も変わらないケースがほとんどなので、
サービスの良い消費者金融の方が良いともいえるでしょう。

無職の人間でもお金は借りられるのか!?

お金借りる人で良くあるケースが、
お金を借りるのは良いが、返す見通しがない人=つまり、無職の人。
これは、、本来は貸すべきではないが、借りる手段が全くない訳ではない。
ただし、一般的な消費者金融などの貸金業者はお金を借りる際に、
収入の3分の1までしか貸してはいけないという規制(=総量規制)
というのがあるため、消費者金融では絶対に借りることは出来ない。
そのため、唯一残された方法は、銀行カードローンである。
銀行カードローンは銀行自体が貸金業者として扱われていないため、
総量規制の対象ではない。
※ただし、審査は厳しいのであまり変わらないかもしれないが、、
無職で、絶対にお金を借りたい人は銀行カードローンにチャレンジしてみるのが、
良いと考えれられる。

アルバイトの人間はお金は借りられるか?

アルバイトの人間もお金を借りることは可能である。
ただし、いくつかの条件が発生してしまうことは免れない。

  1. 一定期間安定した収入があること。
  2. 上記を示す書類があること。

大体目安としては1ヶ月15万円程度の収入は欲しいところである。
また、それが最低でも半年程度の期間にわたって発生しており、
それを明確に示せる公的な書類があった上で、やっと借入が可能になる。

アルバイトで生計をたてる人間も近年増えてきており、
それ自体は否定するべきことではないが、
通常の会社員と比べて相対的に安定性に欠ける可能性が高いため、
上記のような結果になってしまう。

また、限度額も高くて50万円程度の金額しかでないことは覚悟しなくては、
ならない。

それでは学生はどうなのだろうか?

学生も基本的には借りることは出来ない。
唯一あるとしたら、アルバイトでそれなり(年間100万は欲しい)の金額を
継続的に稼いでいるケースである。
そのような場合は審査が下りるケースもある。

ただし、あまり過度の期待はせずに、奨学金や、
クレジットカードのキャッシング枠を使用するのがベーターだと
考えられる。

お金を借りる際に審査なしの会社はあるのか!?

次に多いのが、審査なしで借りられる会社は有るのか、、
という質問である。これは当然ながら ない 。
というより許されていない。
国の規制で信用情報や年収は絶対に聞かなければならないため、
審査がないという会社は存在しない。
もしも、審査なしという会社に遭遇した場合は闇金であると割り切った方が良い。
そしてそんな会社でお金は借りてはいけない。

ただし、一つだけいえることは、銀行カードローンや、
キャッシングを使うという人間で、信用情報が完璧な人間というのは、
ほとんどいない。そのためあまり心配せずに、
とりあえず審査を出してみることをおすすめする。

それでは次にお金を借りる方法について説明する。

お金を借りる方法は大きく分けて3つある。

  1. 自動契約機や、テレビ契約機を使用する方法
  2. インターネットと電話で終わらせる方法
  3. 郵送などでやりとりをする方法

上記の3つがメインである。
最近では窓口というのはほとんどなくなってきて、
郵送も時間がかかってしまうので、1.2が主流である。

また、圧倒的に早いのは、
2.のインターネット申込を行った後に、
1.の自動契約機や、テレビ窓口に足を運ぶことである。

それが難しくても、電話だけでも当日中の借入は出来るので、
心配はない。

次に適切な理由があるかどうかが関係するのか。

お金を借りる理由は、カードローンでもキャッシングでも当然ながら聞かれる。
ただし、あまりにもひどい(ギャンブルなど)内容を言わなければ、
特に問題はない。

元々キャッシングやカードローンは、使い先を限定しないサービスとして、
有名になっている。そのため、使い先がなんであろうと特に問題はない。

ただし、返済計画だけはきちんとたてて、説明出来るようにしておくことが
重要である。

延滞をするとどうなってしまうのか?

お金を借りた場合に延滞をするとどうなってしまうのか。
まず心配して欲しい。
死ぬことはないし、脅されることもない。
(催促はもちろんされる。これは当然)

ただし、延滞が続き、信用情報にNGが入ってしまうと、
次に借りたい時に全く借りれなくなってしまう。
本当にお金を借りたいときのために信用情報はきちんとコントロールしなくては、
ならない。

そのために重要なことは

  1. 必要最低限の金額しか借りない
  2. お金が入ったら、一旦でも返す
  3. ただし、返済計画は出来る限り少額で堅実に

この3点である。
特に2のお金が入ったら一旦でも返すというというのは怠る人間が多いが、
一度返してすぐ借りても、一度は返済履歴がつくため信用情報に
傷がつくことはない。

そのため、お金が入ったら一旦でも返すことをおすすめする。

ところで、本当に安全なの??

お金をキャッシングやカードローンで借りることは本当に安全なのか。
そんな疑問も良く聞くが、答えは、半分正解で半分不正解である。

たとえば肉体的な危険は一切ない。
今時返済が遅れたからといって、脅したり、
良くあるドラマのように殴ってくることは絶対にないと言い切れる。
(※一般的な貸金業なら、闇金はのぞく)

ただし、返済が著しく遅れたりした場合
※目安としては1ヶ月おくれが2回など。
そのレベルまでいくと信用情報に傷がついてしまうため、

  • クレジットカード
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

などなど、ありとあらゆるローンが最短2年間。
最長5年間つかうことが出来なくなる。
※延滞の後も使い続けてれば2年で消えるが、
2年経つ前にカードを解約してしまうと5年間更新が泊まるので、
その間は次にお金を借りることは絶望的になる。

現代はそれでなくても、クレジットカードに偏り始めている時代なのに、
お金を借りたせいでクレジットカードがつくれないなどという状況になったら、
本当に面倒だ。※結婚などしたときもローンがくめないと信頼も失われる。

そう考えると、殴れば終わっていた過去の時代に比べると、
肉体的なリスクはなくなったが、
将来にあたえる影響はむしろ大きくなっていると言える。

良く有るのが学生や社会人成り立てだが、
一つだけはっきり言えることがあるとするならば、
借りたお金で遊び回るのは絶対に良くない。

それをした瞬間に、借りたお金さえも自分のお金とご認識してしまうからだ。
そう考えるとやはり地道に練習を重ねるのが正解といわざるを得ない。

借りる際に言い訳って必要ある?

よくいるのが借りる際に、ウソをついてしまったりする人である。
始めにいっておくと、キャッシングやカードローンはそもそも、
使い先を何も限定しないサービスであるため、そのような言い訳をすることは意味がない。

また、良く有るのが返済計画をサバ読むケース。
これは、タチが悪く、最悪のケースでは計画性がないと見なされ、
貸し付けを拒否されてしまうことがある。

一つだけ言えるのは、お金を借りてくる人はみな、どこかでだらしない部分が
あることは誰もがわかっているため、求められているのは、
見栄を張ったウソではなく、正直に全てを伝えることが重要である。

延滞中は借りることが出来るのか

また、もう一つ気をつけなければ行けないのが、
別の消費者金融やキャッシングなどでお金を借りており、
なおかつ、それが延滞している人間である。

借りていること自体は悪いことではなく、あくまでその人に設定された限度額から、
借りてる金額を引かれるだけである。
それ自体は全く問題ないのだが、問題になるのは別の会社で借りており、
その延滞記録がCICなどの信用情報期間に送られてしまっているケースである。
そのような場合は前者に情報が置かれてしまうため、
貸し付けが行われないという状態になってしまう。

収入証明書は絶対に必要?

収入証明書は絶対に必要というわけではありませんが、
あった方が無難です。また、100万円をこえる高額の借入などになると
ほぼ100%必要になると考えた方が無難です。
なんにせよ、すぐに準備できるものなので、準備しておきましょう。

まとめると、お金を借りる場合、消費者金融もアリ!

消費者金融と銀行でキャッシングやカードローンを利用する場合
ここまで即日でお金を借りる方法の概要、それぞれのメリット・デメリットを述べてきましたが、銀行か消費者金融、それぞれ利用者によって使い分ける必要があります。

例えば、消費者金融は過去のイメージから金利が高いと思いがちですが、
無利息期間があったり多様な返済方法を提示してくれたりと銀行を利用するよりも安い金利で簡単に返せる場合も多々あるということです。

また、子どもの学費や養育費、賠償金など、
急に多額のお金が必要だけどゆっくり返していきたい場合は、普通に会社で働いているのであれば、銀行のカードローンで借りたほうが、消費者金融で借りるよりも安く済みます。
大切なのは自分が置かれている状況を客観的に見ること。お金がないとどうしてもそのことばかりに囚われてしまいがちですが、すぐにお金を借りるのではなく、どのサービスが自分に合っているのか、いろいろ比較してみることが大切です。

現在はインターネットやスマホを使えば、いろいろな比較サイトが存在していますので、
時間があるときに比較サイトなどを見て、いろいろな情報を収集すれば必ず自分にあった借入方法が見つかるはずです。
加えて、少額でも借金は借金だと強く自覚する必要があります。
なぜ無担保、保証人無しでお金が借りられるかというとそれはあなたの信用によって成りったっています。

信用は築くのは大変ですが崩れるときは一瞬です。それだけは忘れないで下さい。
最後に、お金は計画的に借りることが大事です。

参考サイト

金融庁公式サイト http://www.j-fsa.or.jp/index.php

CIC http://www.cic.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加